街中で手軽にUSBからコピーができるキンコーズ。久々に使う必要があったので書きますが…

BL006-copykudoku20140810_TP_V.jpg

 やんごとなき事情により、PDFファイルを印字する必要があることあります。それほど、枚数は必要ないけど印字したい…普段であれば、会社や大学などの印刷機を拝借するところ…

 しかし本日は休日であるため、拝借が難しい。そんなこともある。そんな時に役立つのが街中にあるキンコーズ。結構大きな駅周辺にはありますよね。

 そこを利用としたら、なぜか2台あるコピー機が占有されている。若い女性に…そして、彼女たちは大量に何かを印刷している…なんなんだ…

 そんな出来事もありましたが、今日はキンコーズについて記載したいと思います。

<目次>
1.キンコーズで件の女性たちは、何をコピーしているのか?
2.いまだにカウンター式?キンコーズのコピー機
3.ネタバラシをすると…





1.キンコーズで件の女性たちは、何をコピーしているのか?


 女性2人は、キンコーズには似合わない、いや少し場違いな感じの格好をした方々でした。失礼ながら、書類なんか扱わない、事務作業とは縁遠い感じの雰囲気をまとった女性です。

 でも目の前で大量に…何か、定型的な冊子のようなものを何部も印刷している。同人誌でもコピーしているのか?だって、ここはそんな雰囲気のある街だしね。そう思いつつ、早く終わらないかなと…期待しつつも、まだまだコピーを繰り返す。

 ちなみに、キンコーズのコピーはモノクロで1枚9円。コンビニでは1枚10円であるので、ほんの僅かばかり安い。その一方で、フルカラーだとものすごく高くなる。

 コピー機の印刷設定がデフォルトで、フルカラーになっているのは、ある種の悪意を感じます。間違って高いコピーをするように…と。


2.いまだにカウンター式?キンコーズのコピー機


copier-686304_1280.jpg

 そもそも懐かしいのは、キンコーズのコピー機はカウンター式であり、何枚印刷したのかを確認して、レジで精算するタイプというところ。

 四角いボックスタイプのキーをコピー機に差し込みコピー開始するやつです。

 遥か昔。大学のコピー機はそういったタイプであったなぁと。毎回、自分の印刷枚数をカウンターで数えて、事務職員さんに伝えていたっけ…キンコーズはいまだにそうなのか。

 いや、コンビニにあるような小銭を入れて、課金する仕組みがコピー機のオプションで、それでコピー機が高くなる、そんなところであろう。

 だから、キンコーズは出来るだけ安価にコピーを利用できるように、自動的に課金するオプションを付けていない。大昔の四角いボックスタイプのキーを使うのはそんな理由では?と好意的に考えることにしています。

(真実のところは知りません)




3.ネタバラシをすると…


 さて、なぜ久しぶりにキンコーズで作業をしていたかというと、そうです毎年のことですが2月から3月にかけては、確定申告のシーズンだからです。

 税金の申告の時期だからこそ、色々とコピーをする必要があるのです。個人でコピーって難しいなぁ。事務所にコピー機があるのが当たり前と思っているサラリーマンには普段感じられないことかもしれないけどね。

 そんなこんなで、貴重な休日を税金の申告のための事務作業に費やしてしまった。なんだかんだ一定、半日は時間を使ってしまうから。税務署も遠いし…