カフェの評価指標を考えたい!世の中のカフェの序列を作る

20160318_books-1012088_1280.jpg

 日々、色々なカフェに赴き作業をしていますが、落ち着くカフェもあれば、なかなか落ち着かずすぐに席を立ってしまいたい気持ちになるカフェもあります。

 客層も影響するでしょうし、店の雰囲気もあるでしょう。何が、居心地の良いカフェの指標になるのか?世の中には何かその手の指標が既に存在しているのか?

 そのあたりを手さぐりで考えていきたいと思います。

<目次>
1.世の中に既にカフェの居心地に関する指標はあるのか?
2.仮説:カフェの居心地を決める要因とは?
3.そこでまずは、ログを取ってみる






1.世の中に既にカフェの居心地に関する指標はあるのか?


 カフェの居心地について、何か指標はないのか?ざっくり、グーグル先生に尋ねてみても、なかなかマッチしたものは出てきません。

 カフェ、評価指標というキーワードにヒットして、カフェの経営指標というWebサイトは見つけられましたが…

http://tenpo.casio.jp/column/detail060.html

 なぜか、CASIOのWebサイトですが…

 使えそうな指標がないのであれば、実際に自分で測ってしまえ!と思いましたが、手あたり次第、行き当たりばったりでは上手くいくものも行かないでしょう。そう思いなおして、今回は仮説を立ててみました。


2.仮説:カフェの居心地を決める要因とは?


 まずは、現実的に測れそうなもので、かつ居心地に関係しそうな指標をいくつか挙げてみます。

(1)机間の距離
 まずは、机間の距離が挙げられます。これは良い指標では?というのも、ぴちぴちに敷き詰められたカフェでは息が詰まるもの。色々なカフェに行っていますが、チェーン店のカフェは机間の距離が狭い気もしています。

 これ実際に測ってみたら面白いかもしれませんね。

 ツールとしては、スマートフォンアプリの「Smart Measure」が使えそうです。これは、スマートフォンのカメラ機能で画像を映すだけで、対象物までの距離を測れますから。でもあまり精度良くないかも…

(2)机の広さ
 またまた机ネタとなりますが、これも重要です。狭い机では作業はできない。それに色々なモノを注文したら、机がいっぱい一杯になり、読書もできない…

 これは致命的ですね。

 単に時間をつぶす、休憩するためだけのカフェであればよいのですが、それなりに快適に過ごそうと思ったら重要な指標な気もします。

(3)明るさ
 これも大切!カフェによっては、薄暗いところもありますし。それはそれで怪しげな話をするときに重宝するのですが、やはりある程度明るいお店の方が落ち着くかも。

 こちらもスマートフォンアプリに「明るさ計測」なるアプリがあります。これを使いましょうか。

(4)話し声
 話し声の大きさも重要でしょう。ざわざわしているカフェなのか、落ち着いて静かなカフェなのか。重要な要素です。

 ただし、難点はお店の混雑度によるところもあることですね。これは滞在時間中に、一定間隔で計測しロギングする必要がありそう。

 こちらもスマートフォンアプリ「騒音計測器」なるアプリがありますので、こちらを利用。

(5)混雑度
 これはどうやって測りましょうか。目視しかなさそうです。

 たとえば、座席数に対する客数の割合等、指標化したらよいのかもしれません。こちらも時間帯に応じて客数は変化しますから、定点観測が必要でしょう。

 これは難しいな…自動化できないと計測し忘れてしまいそうなので、実現が難しそうです…




3.そこでまずは、ログを取ってみる


 まずは、サンプルとして、いまいるカフェ 新宿 COFFEE 西武での上記指標を測ってみましょう。

2017-04-16_0002.jpg

(1)机間の距離 1.5M (基本、ボックス席となり相応に距離があります)
(2)机の広さ 0.5M(少し狭い感じ)
(3)明るさ 96ルクス(ちなみに、蛍光灯事務所は400~500程らしい。なので薄暗い…)
(4)話し声 (64dB一分間の平均)
(5)混雑度 測れませんでした…

 続いて、表参道にあるカフェ―PIER'S CAFE―

2017-04-16_0001.jpg

(1)机間の距離 0.4M (距離は狭いですね…)
(2)机の広さ 0.45M(少し狭い感じで丸テーブル。物を置きにくい)
(3)明るさ 83ルクス(照明から遠い場所では、23ルクス)
(4)話し声 (71dB一分間の平均。多少話し声もありますし、音楽が流れている、ジャズかしら)
(5)混雑度 測れませんでした…

 今後、他のカフェでも計測してみて比較できると面白そうです。データを積み上げていきましょうか。