講談社の「じぶん書店」はまだかしら。2017年4月にサービス開始とのリリースがあるけど…

2017-04-18_0001.jpg

 2017年3月9日に、講談社より”「じぶん書店」4月にサービス開始”とのニュースリリースががありました。
http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20170309jibun.pdf

 どのようなサービスかというと、書店開設を希望するユーザが会員登録をすると、講談社が展開している電子書籍約32,000点の中から売りたいタイトルを選んで推薦コメントを入れます。すると、自分のおすすめの書籍をラインナップした自分の電子書店を開設できるというもの。

 ちなみに、費用は一切かからないとのこと。

 そしてポイントは、電子書籍が売れた場合、その売り上げの10%がアフィリエイトコインとしてユーザに振り出される。このコインで、電子書籍の購入や書店拡張に使えるほか、エクスチェンジサービスと連携し、他のポイントに変えられるそうです。

<目次>
1.書評サイトなどでものすごく本を紹介している人は面白がるかもしれない
2.じぶん書店の開設者への還元がポイント?というのも物足りない
3.個人的には興味がありますが、まだサービスがリリースされていないようです。





1.書評サイトなどでものすごく本を紹介している人は面白がるかもしれない


 上記の講談社の取組は、既に別の書評サイトでガンガン書評を書きまくり、ある種の有名人になっている方々は面白がって使うかもしれません。

 ただし、問題なのは講談社の電子書籍のみに限定しているところか…。数にして、32,000点では少なすぎるのではないかと危惧します。

 本好きの方々からすれば、それでは物足りない。講談社以外の本で、ほかの人にぜひおすすめしたいものが多数あるはず。講談社の本だけでおすすめ記事などを、面白がって書き続けられる人はいるでしょうか。


2.じぶん書店の開設者への還元がポイント?というのも物足りない


 これだけブログが乱立し、そしてアフィリエイト等で現金でのユーザへの還元がなされる環境の中、「じぶん書店」の還元がポイントというのも少しインセンティブにかけるのではないかと思うのです。

 このポイントについての説明が十分にはない状況ですが、講談社の電子書籍購入に使えるほか、書店拡張に使えるとあります。

 そもそも講談社の電子書籍しか使えないのも残念であるし、その上、書店拡張とは何ですか???

 ポイントの変換もできるようですが、それならば、現金で還元の方がユーザは喜ぶと思うのですが、いかがでしょう。


3.個人的には興味がありますが、まだサービスがリリースされていないようです。


 講談社より”「じぶん書店」4月にサービス開始”とのニュースリリースがあったこともあり、楽しみに待ち続けていますが、ネットを検索してもサービスが開始された様子がありません。

 いつ頃、サービスが開始されるのでしょうか…ゴールデンウィークに入ってしまいます…

 せっかくのサービスインなのですから、GWで世の中が止まる前に、早めの方がよいのでは…。