東京都が提唱している「時差ビズ」なるものについて。やるのはいいけど、効果の検証もしてほしい。

bijin.jpg

 4月28日、突如として次のような報道がなされました。

===
朝の通勤電車の混雑緩和に向け、東京都が28日、「時差ビズ」と銘打ち、企業に時差出勤や職場外で働くテレワークの導入を呼び掛ける運動を始めた。賛同する企業や鉄道事業者など35団体と同日、協議会を設置。広く参加を募り、今年度は7月11日から同25日にかけ、集中的に実施する計画だ。
===


 こうした報道によれば、出社時間をラッシュ時よりも早めたり遅らせたりすることで、快適な通勤や働く意欲の向上につなげるのが狙いとのこと。

 いわゆる、時差出勤を都内の企業等を巻き込み、一斉にやりましょうという取組なのだそうです。この手の取組に特に反対はしませんが、少し気になることもあります。それはどの程度効果があるのかということです。


華々しい取組はいいけど、効果が見えないと続かない


 都内の企業や鉄道事業者等を巻き込み、協議会を置いて推進する。小池都政のパフォーマンスに見える部分もありますが、通勤ラッシュが解消されるのであれば、取組を実施することは重要だと思います。

 ただし、本気で通勤ラッシュ解消へ向けた取組とするためには、効果の検証という行動も必要となります。

 実際のところ、今回7月に2週間程度集中実施するとのことですが、そんな単発ではあまり効果が上がるとは思えない。まずはやってみることは大切だけれども、1回やってみて、効果を検証し、課題を抽出して、少しずつダメなところを直して、繰り返し取り組むことが必要なモノだと思うのです。

 そのためには、はじめの取組の段階から、効果検証のための仕組みを入れ込んでおく必要があると思うのです。

 例えば、最近ではビッグデータなどというキーワードもあります。これを利用しない手はない。ナビタイムの個人の移動ログを同期間と通常期間とで比較することで、人々の行動はどう変わるのか?Silentlogなどのアプリを使うのも手でしょう。

 その他にも、JRや東京メトロの駅の入退場のログを見ることで、人の流れを把握できます。

 要は、この取組の前後で、鉄道を通勤で利用する人々の行動変化をしっかりと見える化する必要があると思うのです。そうしないと何が課題なのかもわからない。





悪い例がプレミアムフライデー。これって効果あるのか良く分からない。むしろダメなんじゃない?


 この手の取組で、しっかり効果検証ができていないようにも見える取組として、プレミアムフライデーがあります。

 先日の金曜日で3回目の実施日となりましたが、もはやマスメディアでもあまり取り上げていない。実際、民間企業ではほとんど実施していないのではないか…

 ただ、実際のところはわからない。この実施効果を本来はしっかり検証しないといけない。ビッグデータの時代と言われている昨今、その効果を見る手段があるのではないでしょうか。

 経済産業省は、そのあたりの仕組みを考えた上で取組を始めた方がよかったのではないかと思いますね…