dormu inn というホテルでは、IoTの活用が進んでいたびっくり!?面白い取組にチャレンジするホテル

 ゴールデンウィークですので、小旅行の際の宿泊のため、dormu inn(ドーミーイン)というホテルに宿泊しました。
http://www.hotespa.net/dormyInn/

 このホテルは、たまたま楽天トラベルで「前日でも予約できる、空室のあるホテル」として予約したホテルであり、事前に何かお目阿多があったわけではありません。

 しかし、宿泊してある点でかなり興味を持ってしまったホテルです。

 それは「IoT」です。モノのインターネットですね。いくつか興味を持った部分をご紹介しましょう。

<目次>
1.今回の宿泊地は長野!?善光寺があるところだよ
2.宿泊して初めて知ったかなり先進的にチャレンジするホテル
3.面白い取組をするdormu inn(ドーミーイン)。IoTを使った温泉とレストランの混雑度表示、およびコインランドリー稼働状況





1.今回の宿泊地は長野!?善光寺があるところだよ



 ゴールデンウィークの真っただ中、都内から2時間以内で行ける場所でプチ観光ができるところを目指し、今回選択したのが長野市です。

 そう。長野市と言えば、善光寺があるところです。本当に小さな子供のころに1度訪れたことがある程度であり、実際のところどのような街なのか全く覚えていません。そこで、今回プチ旅行してみようと思い立ったのです。

 ただし、思い立ったのが5月3日。つまり、ゴールデンウィークの真っただ中です。旅行したいけど…懸念点として挙がるのは宿泊施設が予約できるのか!?ということです。

 昨今の外国人観光客の影響もあり、都市部においてはなかなかホテル等が取れない状況にあります。今回も、長野とはいえ、予約取れないかも…と危惧していましたが、思い立ったのが出発の前日です。ダメもとで楽天トラベルで検索しましたよ。

 でもなんと残っていたホテルがありました。それがdormu inn(ドーミーイン)というホテル。前日まで部屋が残っているということもあり、あまり環境面では期待していませんでした。泊まれるだけあり難いと…

 ただ、予約時でも分かることとして、駅に、めちゃくちゃ近い立地であるということ。こんなに駅に近い立地でも予約がまだ取れるということは、相当、ぼろいのか…なんて不安になりました。

2.宿泊して初めて知ったかなり先進的にチャレンジするホテル


 当日、ホテルにチェックインのために、ロビーのカウンターに立ち寄ってすぐに思いました。

 めっちゃ新しい、清潔なホテルじゃん!?

 予約時に考えていた、ボロボロホテルとは全く違います。こんな新しいホテルなのに、人気ないのかな!?と思いましたが、ロビーでチェックイン手続きをしている際にも、様々な人がロビーを行きかいます。

 かなり多くの人が宿泊している…ということは、人気もあるのかしらと。

 たまたま、駅が近く、新しい、感じが良いホテルを、宿泊前日に抑えることができたと、幸運だったのではないかと今は思います!

===
2017-05-05_0000.jpg

===

3.面白い取組をするdormu inn(ドーミーイン)。IoTを使った温泉とレストランの混雑度表示、およびコインランドリー稼働状況


 さて、やっと本命のことを書きますが、このホテルで最も驚いたのは、IoTを活用したホテルであったということです。モノのインターネットです。

 具体的に何かと言えば、このホテルには、温泉として共同大浴場があるのですが、その混雑度を各客室から見ることができる仕組みがあるのです。

==
2017-05-05_0001.jpg

==

 客室のテレビから、大浴場の混雑度というメニューボタンを押すと、なんと、別フロアーにある男湯、女湯それぞれの混雑度が!これ超便利です。大浴場でゆっくりお湯につかりたいと思っても、行ってみたら激混みだった!なんてことありますが、これを見れば、空いているときをねらって温泉に入れる!

 同様の仕組みとして、ホテルのロビー隣にある、レストラン。朝などは朝食バイキング的なモノで激混みとなりますが、こちらも混雑状況が客室のテレビから見ることができる!すごいですね。IoT。特に、普段から何とかならないか?とお客が覆っていた場面を解消するツールとしてうまく使われている。

==
2017-05-05_0003.jpg

==

 あと、コインランドリー稼働状況も同じように見れますよ!

===
2017-05-05_0002.jpg

===

 このように、偶然宿泊したホテルですが、IoTという点で、びっくりかつ満足したホテルでしたよ。また次の機会があれば、改めて活用したいですね。IoTの仕組みも!