この季節、待ちゆく女子はなぜこぞってホットパンツを履くのかしら

2017-05-18_0001.jpg

 5月になり、陽気も温かくなってきたからでしょうか。冬の寒さをしのぐための服装から、暑さを和らげるための服装へとチェンジしている人が増えてきている。

 特に、待ちゆく女性の中には、5月ですがもうそんな恰好?というくらい、薄着の方々がちらほらと散見されます。腕や足をこれでもかというほど露出している姿は、すれ違う誰もが(女性でも男性でも)目を引き付けられてしまいます。(いろんな意味で)

 ところでふと思うことがあります。なぜ、そんなに露出の激しい格好をするのかしらと。特に巷で言われるホットパンツなる短パンを履いている女性はかなり目立つ。普通にそんなに短いパンツは履かないでしょうに…

 恥ずかしくないのかしらとも思いつつ、ホットパンツを履いている方々の心理について想像を膨らませてみました。

<目次>
1.誰がホットパンツなど、露出度の高いパンツを履くのか
2.ホットパンツは期間限定。脱ホットパンツの時期とその心理は。
3.いずれにしても、誰もが目で追ってしまう





1.誰がホットパンツなど、露出度の高いパンツを履くのか


2017-05-18_0002.jpg

 ホットパンツに限らず、足を大きく露出するパンツを履く人はどのような人なのかしら?まずは男性、女性の別で考えてみましょう。

<男性と短パン>
 女性に限らず、男性も短パンを履いている人を見かけます。この5月の時点でも履いている人を街中で目撃しました。ただし、女性と違って男性は膝丈くらいのパンツを履いているのが特徴です。

 一時期、女性と同様に足の付け根までのいわゆるホットパンツ的なパンツを履く若い男性が注目される時期がありましたが、いまは下火なようです。今はいわゆるハーフパンツ的なパンツを履く男性ばかり。

 それでも、この5月の時点でハーフパンツを履く男性が出てきたことに驚きました。まだ早くない?と。

 ではどのような男性なのかと言えば、明らかに若くて(恐らく、大学生)で、しかも体育会系の方々でしょう。見るからに体格がよく、ハーフパンツから露出するふくらはぎなどを見ると、筋肉もりもり。サッカーやラグビーをしている人でしょうか。

 またハーフパンツにあわせて、Tシャツを着ているのが特徴です。Tシャツ一枚とハーフパンツ。非常にラフな格好ですが、持ち前の体格の良さをアピールするファッションとしては、シンプルですが有効です。

<女性と短パン>
 男性よりも短パン率が高いのが女性です。女性の短パンはいわゆるホットパンツと言われるもので、足の付け根までしかないパンツ。足がほぼ露出したものですね。逆に、男性と違ってハーフパンツの女性はあまり目にしません。確かに、ハーフパンツ姿の女性は、なんだか中高生の体育着を連想してしまうからオシャレではないのでしょう。

 ホットパンツを履くのは若い女性で、これでもかというくらい脚線美をPRしているようにも見えます。若いと言ってもやはり高校生から大学生くらいに限定されるようにも見えます。20代中盤くらいの女性になるとホットパンツの方はあまり見かけません。

 この辺りに、ホットパンツと女性の組み合わせの微妙なラインがありそうですね。履ける時期(年齢)が限定されているファッションなのかもしれません。ちなみに、男性と同様に、5月になった途端、ホットパンツ姿の女性が急増したと感じています。ほんと、寒くないのかしら。




2.ホットパンツは期間限定。ホットパンツの時期とその心理


2017-05-18_0003.jpg

 さて、街中で見かける短パンを履いた男性・女性。それぞれどのような年代でも履く人がいるかと言えば、そうではない様子は明らかです。男性も女性もある程度傾向があるように見えます。

 男性であれば、大学生くらいの年代が良く履いているように見えます。短パンを履く理由は、楽に過ごせる、服装にそれほど費用が掛からない、暑くない等、男子大学生だからこそのものぐさな生活にマッチした服装であるともいえます。それから、体格の良さを周囲にPRしたいという欲望もありそうです…

 またもちろん、30代40代のオジさんが履いている姿も見かけます。ただし、こちらの方々の短パンを履く理由は、とにかく暑いからというのが主。そのため、オジさんの短パン姿は、夏場の猛暑のさなかの休日に限定されるのが特徴ではないでしょうか。仕事などパブリックな場として短パンはふさわしくないですからね…

 いずれにしても、男性の短パンを履く理由の主たるものは、楽だから、暑いからといった理由でしょう。

 一方の女性では、街中でホットパンツを履くのは10代後半から20代前半くらいに見えます。逆にそれ以外で、街中などで履いている姿をあまり御目にかかりません。

 その背景には、ホットっパンツを履く主たる理由が、脚線美をPRにあるからではないでしょうか。多くの女性で20代中盤になると、スカートからパンツ姿へと少しずつ移行していく理由として、相応の年齢に応じて…という理由があるようですが、言い換えれば、脚線美に自信が持てるのが20代前半くらいまでということなのでしょう。

 逆に言えば、20代前半までしかできないファッションだから、期間限定だから、とにかくホットパンツという選択になるのでは?そう思ってしまいます。まだ5月でそれほど暑い時期ではないのに、急にホットパンツ着用率が上がっているのは、この期間限定への焦りがあるのではないかと。履けるときに履く。PRできるときにPRすると。




3.いずれにしても、誰もが目で追ってしまう


 特に女性のホットパンツ姿ですが、5月になり突如、着用している人が増えてくると、男性・女性に限らず、街中で見かけるとじっと見つめてしまうのが人間の心理なのでしょう。

 電車の中、街中で目で追ってしまいます。履いている本人も、期間限定だから今こそ履いてPRしたいという思いもあるでしょうが、ついつい見てしまう方の心理としても、わずかなチャンスと思うのか、何とももったいない感じで見てしまう気もしています。