ZOZOTOWNの「ツケ払い」利用者数が100万人。ツケ払いというか、その仕組みは請求書払い。前払いから請求書払いへと商習慣を変えるかも…

 株式会社スタートトゥデイが運営する「ZOZOTOWN(http://zozo.jp/)」では、注文から最大2ヶ月後に支払いができる決済サービス「ツケ払い」を実施しています。その利用者がなんと!100万人を突破したということで、同社よりニュースリリースがされました。
https://www.starttoday.jp/news/20170818-2508/

 ニュースリリースでは、「ツケ払いの利用者属性」を初公開しています。

 本日は、ツケ払い⇒無計画に商品を買わせる⇒謝金まみれの恐れ…のような話は置いておいて、ECサイト等の支払いに関する商習慣について思うところをまとめてみます。

<目次>
1.そもそもツケ払いとは
2.ところで、これって請求書払いのことだよね
3.個人向けECサイトで請求書払いが可能になれば、企業として購入する担当者に大いにメリット
4.ちなみに、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)のツケ払い=請求書払いがどれほど受け入れられたか…





1.そもそもツケ払いとは


 スタートトゥデイが運営すZOZOTOWN(ゾゾタウン)において決済サービス「ツケ払い」の開始は2016年11月1日からです。

 同サービスは、注文から最大2カ月後に支払いができるもの。ゲストユーザを除いて、会員登録している全てのユーザが利用可能なサービスです。予約商品およびギフトラッピングサービス利用商品以外の全商品が対象になります。そして、限度額は5万4000円ということも決まっています。

 なお、支払いの仕組みは、商品到着後に振込用紙付きハガキが郵送で届き、その後期日内にコンビニもしくは銀行で振り込むというものです。

 利用者にとっては、支払い期限が注文から最大2カ月後になるため、お財布事情を気にすることなく買い物ができること、クレジットカードを持っていない人も利用が可能になることがメリットとして考えられると言われていました。


2.ところで、これって請求書払いのことだよね


 ところで、より詳細にこのツケ払いの仕組みを見てみると、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)のWebサイトには下記のような説明があります。

===
1.商品購入
まずは商品のお支払い方法で「ツケ払い」をお選びください。

2.商品発送
購入完了後、商品が先に届きますので中身のご確認をしくてください。

3.請求書郵送
商品とは別便で商品お届け先住所に請求書を郵送いたします。

4.お支払い
請求書記載の期日内にコンビニ、銀行でお支払いください。
===


2017-08-19_0001.jpg


 これは、通常のB2Bでの商品注文、請求書発行、支払いといった企業間取引と何ら変わらない。あえて言えば、個人向けに請求書払いを可能にした仕組みとも言えます…


3.個人向けECサイトで請求書払いが可能になれば、企業として購入する担当者に大いにメリット


 多くの場合、ECサイトや個人向け商品の通販ビジネスをしている会社は、商品を販売する際に、前払いを基本としています。個人などの不特定多数の顧客に、比較的定額の商品を販売しているビジネスでは、回収などの手間を考えるとそうせざるを得ない状況も理解できます。

 ところで、近年、ECサイトや個人向け商品の通販でしか売っていない面白ガジェット等(例えば、ウェアラブル端末等)があるのですが、それらを企業として数十台まとめて購入したい場合でも、前払いをする必要があります。そうでないと売ってくれないので…

 しかし、多くの一般企業では、商品購入をする際には請求書払いを前提に会社の仕組みが作られています。会社の経理担当者は、現金等での前払いはかなり嫌います。実際に商品を確かめた上で支払う方がリスクが少ないという発想です。そのため購入担当者は大変な社内調整をする羽目になるのです。

 ECサイトから商品を企業として購入するのは手間がかかるという課題がありますが、それを念頭に置いた場合、このゾゾタウンのようなECサイトで、請求書払いを可能とする取組は、とても面白い取組だと思うのです。

 こうした取組が多くの分野のECサイトで商習慣として浸透すれば、つまり多くのECサイトや個人向け商品の通販ビジネスで請求書払いを行ってくれると、非常に助かる企業担当者は多いのではないかと想定しています。

4.ちなみに、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)のツケ払い=請求書払いがどれほど受け入れられたか…


 なお、上記のとおり、ツケ払い=請求書払いに対して、面白いと思う一方で、どれほどの人がツケ払いを利用するか…疑問に思っていました。そもそも多くの個人が、ツケ払い=請求書払いを使ってくれないと、こうした取組は広がっていきませんから。

 そんな心配をよそに、今回のニュースリリースでは、利用者が100万人突破と、結構すごいことになっている感じています。ニュースリリースでは、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の商品は衣料品ということもあり、20代女性の多くがこのツケ払い=請求書払いを利用しているようです。

2017-08-19_0002.jpg

 従来の商習慣を変えていく際の大きな力は、こうした若い女性から起こるものなのかもしれませんね…

この記事へのコメント