旅行代理店の数が縮小…もともとそんなに多く必要だったのか

2020-06-25_0001_maldives-1993704_640.jpg

 旅行大手エイチ・アイ・エスが、国内263店舗の3分の1に当たる80~90店を今後1年以内に閉鎖する方針という。新型コロナウイルス感染症の影響で旅行需要が低迷する中、コスト削減のために店舗を閉鎖するという。そして営業はオンラインを強化していくということらしい。

 そもそも、新型コロナウイルス感染症以前においても、旅行代理店の店舗はどうしてこんなにも沢山存在するのか?と不思議に思っていた。個人的には。

 昨今では、ホテルの予約、移動手段の確保等々、旅行に必要な手続きはネットで実施できるようになり、わざわざ対面で旅行代理店のスタッフと相談し、手配してもらうということにニーズを感じていない人が大半ではなかったかと思うのだ。

 もちろん、もっと昔は、ネットなどでの予約が出来ない時代もあった。その当時は、旅行代理店へのアクセスが旅行の各種手続きをするための唯一の窓口であったことであろう。

 しかし時代は変わったのである。それでも、過去のビジネス慣行から脱却する機会がなく、ずるずると従来通りの規模で、店舗での代理店業務となっていたのではないか。

 それがこの新型コロナウイルス感染症を契機に、にっちもさっちもいかなくなって、やっと踏ん切りがついたということではないのか。今回の旅行代理店のみならず、その他の業界でも、同様の動きもありそうだ。

 過去の取組がそのまま続いてきてしまったもので、もはやネットで代替えできるものでも残ってきてしまったもの。それが一気に変わるタイミングなのかもしれない。

 その一方、雇用という面では、旅行代理店の店舗で窓口で働いていた人の雇用がなくなるという点は大きな課題であろう。もちろんネット販売等に切り替えたとしても、そのための人員が必要であるため、店舗従業員分だけ一気に人員が不要になるわけではない。

 しかし、ネットの魅力は集約化にある。各リアル店舗で働いていた人の人数の数分の1で同程度の旅行代理店業務をネットを介して実施できるようになるであろう。

 最近では、こうした合理化に関する企業の方針変更のニュースが多くなっている気がする。逆に新しい取組が生まれ、そこで新しい雇用が生まれるといったニュースもあると嬉しいなぁ…





この記事へのコメント