"日記"の記事一覧

多くの人が街に繰り出している?近所の喫煙所で分かる兆候

 振り返れば、4月、5月の緊急事態宣言下、多くの人が仕事や遊びによる外出を自粛していたのだなあと実感する。  多くの家庭で、自宅内での喫煙を禁止されているのでしょう。テレワークをしている日中、休憩時間をしばしば取り、近所のオープンな喫煙所に足しげく通っていたのですが、私と同様に、同じような境遇の人たちが喫煙所に来ていた。 …

続きを読むread more

はんこ議員連盟ってそもそも何?と思わざるを得ない

 主義主張は人によって異なる。当たり前の世の中の事実である。そのため、「はんこ議員連盟」なるものが出来て、そこで「はんこ」の活用を推し進めることに注力する人がいてもそれはそれでよいのではと思う。  その一方で、竹本IT政策担当相が、自民党の「はんこ議員連盟」の会長を辞任したことを明らかにした、というニュースを見て、主義主張を変…

続きを読むread more

旅行代理店の数が縮小…もともとそんなに多く必要だったのか

 旅行大手エイチ・アイ・エスが、国内263店舗の3分の1に当たる80~90店を今後1年以内に閉鎖する方針という。新型コロナウイルス感染症の影響で旅行需要が低迷する中、コスト削減のために店舗を閉鎖するという。そして営業はオンラインを強化していくということらしい。  そもそも、新型コロナウイルス感染症以前においても、旅行代理店の店…

続きを読むread more

オンライン講義の期末テストで集団カンニングが発生

 韓国において大学オンライン講義の期末テストで、およそ700人の学生が加担した「集団カンニング」が発生したと報じられた。  新型コロナウイルス感染症の影響で、大学などは原則、オンラインでの講義またテストもオンラインとなっていることが背景にある。 自宅からPCを使ってネットにつなぎ講義を受ける、同じようにオンラインでテストを受…

続きを読むread more

スパコン性能ランキング世界一を受け「2位じゃ駄目なんでしょうか」の過去を振り返る

 報道で、スーパーコンピューター性能ランキングで日本の新型機「富岳」が世界一になったとの知らせがあった。理化学研究所と富士通が開発した「富岳」が首位を獲得し、世界一は日本として8年半ぶりとのこと。  現在、スーパーコンピューター開発を主導するのは、世界で米国と中国であり、2強体制であったと言われています。そこに…

続きを読むread more

世界各地でコロナ感染が拡大し900万人超える。でも日本のメディアでは…

 2020年の3月~5月にかけて、新型コロナウイルス感染症拡大に関して、世界各地の状況を報じるニュースが、テレビ・新聞・雑誌などで毎日あふれていた。  欧州ではどれくらい被害が大きいか、米国ではどれくらい危機的状況に瀕しているのか…  特に、自らテレビニュースをしっかり見ようとしなくても、そうした情報がど…

続きを読むread more

株主総会をオンラインで開催するのは米国では当たり前?そして日本も対応が始まる?

 新型コロナウイルス感染症感染の流行の中、既にもう6月に入ってしまった。6月といえば、株主総会の季節。もちろんすべての企業がこの時期に開催するわけではないが、やはり多くの企業がこの時期の開催となる。  例年であれば、株主のもとには開催日前に出席の有無、出席できない場合の委任状の提出のお願いなどが届くのが通例…

続きを読むread more

「10代の妊娠相談が急増」から見る一斉休校・外出自粛での子供の時間の使い方

 子供に関する女性の相談窓口というのが各地域に存在する。女性の妊娠や子育てなど、一人で悩んでしまいがちなことを第3者が話を聞き、必要であれば様々な支援をするような窓口である。  そのような窓口の一つ神戸市にある「小さないのちのドア」において、ここ数か月、相談件数が急増しているとのこと。急増と言われてもどの程度か…

続きを読むread more

コロナ感染拡大の第2波を事前に察知する研究、なかなか面白い試み

 ここ最近、もろもろの報道において、今後、新型コロナウイルス感染症感染拡大の第2波がやってくることを前提なされていると感じています。テレビニュースも然り、新聞などの記事も然り。  諸外国の状況を見ても、中国でも北京で新規感染者が突発的に増えたこともあり、また韓国でも毎日の新規感染者数が増加傾向のようです。  こうした世界…

続きを読むread more

安倍首相までもが銀行間手数料引き下げ指示~それはそれで消費者としてはうれしいが…

関連記事:経済財政・再生相の銀行手数料「下げたい」発言はメディアの矛先を変えるため?  このコロナ禍のもと、先日、西村経済財政・再生相が「持続化給付金」に係る一般社団法人サービスデザイン推進協議会の問題に絡み、銀行手数料「下げたい」という発言をしたところですが、今度は、安倍首相が未来投資会議の場で、銀行間手数料について指示をし…

続きを読むread more

経済財政・再生相の銀行手数料「下げたい」発言はメディアの矛先を変えるため?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた中小企業向けの「持続化給付金」について、一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が769億円で国から業務を受託。その大部分を749億円で電通に再委託していた件について。  様々なメディアで取り上げられ、政府も同協議会も電通も右往左往しています。その右往左往が「持続化給付金」の支払い業務に…

続きを読むread more

日本の研究力低下が危機的だから、その対策として若手研究者を700人・7年・700万円で支援という構図

 ずっと言われ続けていることですが、日本の研究能力の低下が危機的状況にあると言われています。  多くの場合、研究者の方々が研究に励み、論文を量産して、その中の優れた論文が国際的にも評価されることで、国としての研究力なるものが評価されます。ざっくり言って。  その意味では、現状の大学の研究者の方々は、特に比較的若い年齢の先…

続きを読むread more

休業や廃業に伴う解約や支払い延伸の申し出が多数。NHK契約数が大きく減少

 NHKといえば、個人的には、放送受信契約を強引に行おうとする訪問員というイメージが根強い。特段、契約を拒否するつもりもないというスタンスであったにもかかわらず、その説明のずぼらさ、一方の契約を強引に迫る品のなさにうんざりした記憶があります。  ここ最近は訪問員の様子はどうなのでしょうか?  さて、「NHK契約数が大幅減…

続きを読むread more

給料よりも多くの額がもらえる米国の失業給付とそれに対する不満

 コロナ禍の影響は様々な面で見られます。その一つが、休業や失業への補償の問題。日本のみならず、諸外国でもやはり同じような問題に直面します。同じ人間社会だから当たり前でしょうが。  報道によると、米国の2000万人が受給する失業保険について、野党・民主党の要求で、失業給付を週600ドル加算する特例措置が発動し、コロナ危機前の労働…

続きを読むread more

ノートPCが重いのが悩みです。在宅と出社のはざまで…

 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、先月まで多くの企業が社員に向けて、在宅勤務の指示等を出していました。しかし、5月は自宅で仕事をする生活を送り、在宅勤務が慣れてきたなと思ったところで緊急事態宣言も解除され、現在では通常通り出社する生活に戻りつつあります。  一般のサラリーマンは、多少の違いこそあれ、概ね同じよう…

続きを読むread more

持続化給付金の再委託問題での電通副社長の発言はいただけない

 政府の給付金である「持続化給付金」事業がここ最近話題になっている。経済産業省から一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が769億円で事業を受注し、うち97%にあたる749億円で電通に再委託された事業である。  この問題は、実態としてその存在自体が怪しい組織である一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」が、本事業を経済産…

続きを読むread more

やはりキーワードになる「コロナ離婚」。でもある意味偏った報道か

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛がきっかけで、離婚危機に陥るケースが出始めているとの報道がある。ある程度、想定はされていた事象だけに、「やはりな…」と思うことしばしば。  報道記事を読んでいると、「もともと感じていた性格や価値観の不一致」が火種となり、外出自粛により在宅時間、つまり夫婦で過ごす時間が増加することで炎…

続きを読むread more

これで「GOTOキャンペーン」がやりにくくなった

 ここ数日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業向けの持続化給付金制度に関する業務を委託した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に関する話題で、国会もメディアも色々と活気づいている。  新型コロナウイルス関連施策遂行において、これは大きな痛手であると思われる。  そもそも、政府が予算を投じて施策を行う…

続きを読むread more

マスクのつけすぎで頭が痛くなる?そんなことあるのであろうか。

 この4月以降、自宅外で活動する差には常に不織布マスクを着けている。仕事等で外出せねばならない時には、ざっと12時間くらいつけているだろうか。  マスクを外すときは、食事の時、飲み物を飲むときだけであり、基本は、常につけている。冬場以外でこれほど長時間マスクをつけた経験がないこともあり心配になることがある。  世間でも色…

続きを読むread more

一緒にされたくないと思うのも分かる「接待伴う店」はキャバレー等と業態明確化

 ここ数日、東京都では新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が増加傾向が見られます。その感染者の情報として「接待伴う店」の従業員や客が比較的多いという説明が各所でなされています。  世の中への感染症への注意喚起、対策の浸透を促すために、一定程度の新規感染者に関する情報の提供は必要なことでしょう。  しかしながら、「接待伴…

続きを読むread more