【日本橋/カフェ】最近ますます人気の「コーヒービーン&ティーリーフ」@日本橋(2016/2/13)

   東京メトロ日本橋駅を地上に上がってすぐそこにあるカフェ「コーヒービーン&ティーリーフ」は、最近ますます人気のようです。特にオシャレOL風の女性が多い。土曜日の朝から、若者が勉強やPC作業、談笑などしながら過ごしています。  あらためて、再開発が進む「日本橋交差点」周辺の一角は、昔と比べて、若者が多くなったなと感慨深いものがありますね。  そして、最近の特徴は、このお店はオシャレな格好をした欧米人も多いということ。訪日外国人かしら。日本橋を観光に来た合間に、カフェで休憩といったところでしょうか。  ただ1点難点があると言えば、前回も記事にしましたが、店内の窓側のカウンター席。電源もありスマホの充電にも便利なのですが、午前中の日当たりのよい時間帯には、日差しが強くかなり眩しい。眩しすぎで本も読めないのです…  設置されているブラインドをおろしても、ブラインドが薄いせいか、それでも眩しい。店員さん、もう少しブラインドを工夫してください… 【店舗】コーヒービーン&ティーリーフ 【最寄駅】東京メトロ日本橋駅 【場所】店内中央の大テーブル(電源あり)

続きを読む

【有楽町/カフェ】Stone(ストーン)(2016/1/17)

  このカフェが気に入っている。めちゃくちゃオシャレという訳ではない。美人の店員さんがいる訳でもない(店員さんはオバちゃん)。 JR有楽町駅前、徒歩2分程度という立地にもかかわらず、この「イケているのか、イケていないのか」よく分からない雰囲気が気に入っている。 本日は、有楽町のStoneというカフェに来た。 ■一昔前の喫茶店 少し時代を感じるカフェ、いやカフェというより喫茶店という言葉が似合う店。有楽町駅に近い立地の良さにもかかわらず、この雰囲気。客層がまさにそれを物語っている。 少しくたびれた、ずれた感じの若者カップル。不思議な仲の良さを見せつける。50~60台の男女5~6名程度のグループ。何の集まりなのだろうか?大人の文化サークル的な集まりであり、なにやら会話に花が咲いている。日曜日であるのにスーツで決めた男二人組。一仕事終えた後であろうか。 そう、Stoneは普通のオシャレな若者が好む店ではない。しかし、私はこのザ・喫茶店的な店の雰囲気が好きだ。 ■作業場にはならないが読書はできる Stoneの店内は薄暗い。そしてテーブルが狭い。そのためノートに文章を書くこともままならない。電源も配備されておらず、ノートPCで長時間作業をするのにも適していない。そう、作業場としては適していないカフェなのである。 それでも、何とも言えないこの雰囲気を楽しむために、読書をしにしばしばこのカフェに通う。読書をしつつ、このカフェで店全体の様子を楽しむ。こう…

続きを読む

【日本橋】ルノアール 日本橋高島屋前店(2016/1/9)

百貨店の周辺は、落ち着いた大人が行き交う街である。その雰囲気をそのまま店内に持ち込んだカフェがルノアール日本橋高島屋前店。 地下にあるこの店。当然のことながら窓はなく、穴蔵的な雰囲気も感じられます。そして、そこに集う客層は、やはり落ち着いついた人々が多い。特に、土曜日、日曜日は特徴的です。 ノートPCを持ち込み、作業に没頭するには打ってつけの場所ということもあり、本日も2時間程度、仕事場として活用してきました。もちろん、喫煙、禁煙の両スペースが備わっています。ぜひ、皆さまも安心して作業場としてご利用ください。 【店舗】ルノアール 日本橋高島屋前店 【最寄駅】東京メトロ日本橋駅 【滞在日時】2016年1月9日 11:23~13:14(約1時51分) 【場所】喫煙席テーブル(電源あり) <カフェ内観・外観>   <滞在中の周辺音量推移> <地図> [ここに地図が表示されます]  

続きを読む

【日本橋/カフェ】コーヒービーン&ティーリーフ(2016/1/3)

日本橋に新しく(といってもそれなりに前ですが)できた、コーヒービーン&ティーリーフに本日は行ってきました。仕事ではなく、くつろぎに入店してみました。 このところ再開発が進む「日本橋交差点」周辺の一角にあります。従来、日本橋と言えば、スーツ姿の会社員、おじ様おば様が百貨店に行くイメージの街ですが、近年、新しいオシャレなお店も増えて、若者もそれなりに居心地がよくなっている街です。 このコーヒービーン&ティーリーフも若者向けのオシャレなお店。東京メトロ日本橋駅改札から、地上に出てすぐのところにあるので、待ち合わせにも便利です。 ただ1点難点があると言えば、店内の窓側のカウンター席。電源もありスマホの充電も安心なのですが、午前中の日当たりのよい時間帯には、日差しが強くかなり眩しい。眩しすぎで本も読めないのです… それ以外は、土日は案外人も少なく、リラックスできる良いお店だと思います。 【店舗】コーヒービーン&ティーリーフ 【最寄駅】東京メトロ日本橋駅 【滞在日時】2016年1月3日 10:09~10:36(約30分) 【場所】店内中央の大テーブル(電源あり) <カフェ内観・外観> <滞在中の周辺音量推移> <地図> [ここに地図が表示されます]

続きを読む

【御徒町/カフェ】ルノアール御徒町南口駅前店(2016/1/1)

本日は、2016年の正月です。元旦です。新年早々、手持ちの仕事を片付けるべく、朝9時30分頃から、東京駅前でカフェ探索を実施しました。 なぜ、東京駅周辺なのか?新年早々、しかも朝から営業をしているカフェは一般的に少ないもの。ただし、場所によっては例外もあります。例えば、新幹線等の主要交通機関のターミナル駅周辺では、正月からそれなりに人が集まるスポット。それを見越して、正月の早朝から営業をしているカフェがあるとの認識からです。 探索の結果、すでに営業を行っているカフェはあるものの、作業場としては不適切なカフェが多い。つまり、狭い、騒音が大きい、そして居心地がよくないのです。 そこでJR山手線に乗り、辿り着いたのが御徒町。 なぜ御徒町なのか?こちらも新年早々、人がそれなりに集まるスポットだからです。そう、上野のアメ横と湯島神社です。確かに、アメ横ではかなりの人がいましたよ。 そして入ったカフェは、ルノアール御徒町南口駅前店。作業場のカフェとしては、それなりに広いし、落ち着いて集中できるスポットです。実際に入店してみると、元旦の午前中は、かなり静かで作業がはかどりました。 手持ちの地の仕事をお持ちの皆さま、ぜひおすすめのスポットですよ。 【店舗】ルノアール御徒町南口駅前店 【最寄駅】JR 山手線 御徒町 【滞在日時】2016年1月1日 9:47~13:10(約3時間半) 【場所】喫煙室の一番奥(一人用デスク) <カフェ内観・外観> <滞在…

続きを読む

【神楽坂/カフェ】上島珈琲神楽坂店(2015/12/30)

2015年の12月30日の午後、昼食を済ませた後に、ノートパソコンを片手に作業場として選んだのが神楽坂の上島珈琲です。いわゆるチェーン店ですが、それなりに居心地はよさそうです。 実際に店内に入ってみると、主に2階にスペースがありますが、落ち着いた雰囲気、かつちょっとオシャレな感じです。ド○○ルやエクセ○○○○ルなどよりは、落ち着いて作業ができそう。 店内で陣取ったのは、喫煙席。入店後しばらくは、私以外は誰も喫煙室におらず、借り切り状態であったのもうれしいところです。ちなみに、禁煙スペースはそれなりに繁盛していましたよ。神楽坂だけあって、それなりにオシャレ?な若者が多かった。 さて、入店してから退店するまでの喫煙席内での音量データを取得してみました。自分以外に人がいない状態でも50dBくらいです。一方、16時30分頃から18時30分頃までは、いろんな人が出入りしてお茶と談笑をしていきました。その様子はデータにも反映されていますね… ちなみに、聞き耳を立てていたわけではありませんが、聞こえてくるお話を伺っていると、やはり夕方から忘年会へ繰り出す人たちのようです。上島珈琲で待ち合わせなのですね。 世の中、こんなにも忘年会でにぎわう人がいるとは、こちらはこんな日まで仕事ですよ…カフェで、ですけれども。 【店舗】上島珈琲神楽坂店 【最寄駅】東京メトロ東西線 飯田橋駅 または JR 飯田橋駅 【滞在日時】2015年12月30日 14:18~20:45(約6時間半) 【…

続きを読む

【飯田橋/カフェ】ルノアール飯田橋西口店 電源ありでおすすめ(2015/12/30)

  2015年の年末30日水曜日に、ノートパソコンを片手に作業場を探して飯田橋に降り立ちました。 ほとんどの人が年末年始の休暇に突入したと思われる状況の中で、私は一人で仕事をしなくてはなりません。作業ができる手頃なカフェを探すため飯田橋に来たのです。 そして立ち寄ったのが、ルノアール飯田橋西口店。お店の混雑具合や、来店客の状況を気にしつつも、朝からお店に入り午前中いっぱい作業をしてきました。 どうやら年末のお休み期間、かつ午前中ということもあり、自分以外の来店客はほぼいない。 一時、おじさん二人組が1時間ほど滞在していましたが、それっきり。 このお店は、いつもこんなに静かなのでしょうか?やはり12月30日の午前だからでしょうね。 【店舗】ルノアール飯田橋西口店 【最寄駅】東京メトロ東西線 飯田橋駅 または JR 飯田橋駅 【滞在日時】2015年12月30日 10:33~13:13 【場所】喫煙室の奥(壁側ソファー席) <滞在中の周辺音量推移> <地図> [ここに地図が表示されます]

続きを読む