"モノの探索"の記事一覧

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を使ってみたよ!

 本日は東京都知事選の投票日である日曜日。それなのになんだか雨が心配な空模様。雨が降る前にと思い立ち、近所の小学校へ投票に行ってきましたが、まだまだ雨が降るようにも思えず、徒歩で30分程度の時間をかけて、比較的大きなターミナル駅までお出かけしてきました。  買い物や食事などをして帰路についた時、電車で自宅の最寄り駅についたとこ…

続きを読むread more

ランチ時のキッチンカーの儲け・売上を上げるには~行列をいかに素早く解消するか~

 オフィス街のお昼時。多くのサラリーマンが昼食のために各々のビルから一斉に食事処に移動する。昨今の感染症の影響もあり、店舗でランチというのに気が引ける人もいることであろう。  そのため移動販売型のランチ、いわゆるキッチンカーで昼食を購入し、屋外や自席でランチを食する人もしばしば見られる。  そういう私…

続きを読むread more

新型コロナウイルス濃厚接触確認アプリ「COCOA」に追加してほしい機能

 2020年6月19日、政府は新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせる接触確認アプリ「COCOA」をリリースしました。 いわゆる、感染者との濃厚接触確認・通知スマートフォンアプリであり、この手のアプリは全世界で開発・提供され始めています。そして、このほど、日本でも日本用のアプリを開発したということ。…

続きを読むread more

機械翻訳DeepLが有料サービスとして日本でも展開開始

 外国語で書かれた文章を読むとき、昔であれば、学校で学んだ英語の知識を駆使し、一生懸命に1文、1文を訳し、内容を理解していました。  仕事柄、海外の文献などをあさらなくてはいけないこともしばしばで、その都度、あまり高くはない英語力を駆使して、何とか調べ物をしていたのはもはや過去のもの…  昨今では、ざっと内容を理解するだ…

続きを読むread more

座席指定の通勤電車は新しい収益源になるのか。一人当たりの収益増加に向けて。

 通勤電車といえば、車両に人が押し込められ、3密な状態で目的の駅までじっと我慢する場所といったイメージは誰しもが共有できるはず。  通勤電車内では、読書すらままならない。本を広げるスペースもないくらいだ。一昔前は新聞を広げて読んでいるおじさん、若者などよく見られた風景だが、それも難しい…(もはや通勤電車で新聞紙を広げる世の中で…

続きを読むread more

コロナ禍で遠隔授業となり大学教員が疲弊、その解決策の一つ合成音声?

 コロナ禍の影響から、多くの大学でオンラインの遠隔授業が始められています。日本の多くの大学は、5月初旬のゴールデンウィークまでは授業はなく、ゴールデンウィーク後から遠隔授業開始、という形で進んでいる模様です。  多くの大学教員は、自分が持っている授業ごとに、授業の内容をデジタルコンテンツに仕立て上げ、日々、授業実施に悪戦苦闘し…

続きを読むread more

今後、中小製造業でも対応が迫られそうな工場のセキュリティ

 様々なニュースでホンダのサイバー攻撃に関する話が持ちきりになっている。 === ホンダは、発生した社内ネットワークシステムの障害の原因がサイバー攻撃だったと明らかにした。外部から同社の内部サーバーが侵害され、ウイルスが拡散されたとみている。ウイルス拡散の影響は生産システムに及び、現在も海外の四輪車と二輪車の各2工場計4拠点…

続きを読むread more

脱毛剤に関する相談増加に見る若い男性の美意識

 男性といえば、「体毛があって…」というイメージはもう昔のものなのだろうか。最近の10代などの若者男性の意識は大きく変わっているとしばしば聞く。  夏場になれば、半袖・短パン姿で街を歩く若者男性も増える。そうした時に、すね毛や腕毛、腋毛などを気にする若者男性が多くなっているのだろう。  さらには最近では、男性用化粧品など…

続きを読むread more

メガネの鼻パット・鼻あてが壊れた場合どうするか?メガネをかけている人の困りごと。

 日本人の多くの人がメガネをかけている。日本人はメガネ大国であると勝手に思っています。  日々、メガネをかけていると、フレームが壊れたり、レンズが外れたりと、しばしばトラブルが起きます。メガネがないとそもそも生活が成り立たない、仕事が出来ないといった人も多く、かなり死活問題です。  メガネが壊れたら、メガ…

続きを読むread more

在宅勤務の重要ツール!!紙の文字やPCの文字列をテキストデータで取り込むアプリ

 Googleのスマートフォンアプリ「Googleレンズ」に新しい機能が追加されました。「紙のテキストなどを読み取り、テキストデータとして、パソコンにコピーする」機能です。  この機能はかなり画期的!  従来までもGoogleレンズでは、スマートフォンで撮影した手書きのメモや書類の文字を読み取ることは…

続きを読むread more

在宅で増えた体重を反省し、ダイエットを考えて明治のチョコレート効果カカオ95%を購入

法律に基づく「緊急事態宣言」(4月8日)に端を発して、多くの人が在宅での仕事などを強いられるようになりました。そろそろ宣言から2週間となろうとしています。 2週間もほぼ家にこもる生活をしていると、運動不足もさることながら、おなか周りを中心に余分なお肉が気になるようになってきました。日々の歩行による移動は、体重の…

続きを読むread more

自宅にこもる自粛生活の救世主となるか。おすすめはストレッチポールで、ガチガチな背中のコリをとる

 外出自粛の中、自宅にこもる生活をしていると、背中の上が何ともモヤモヤな感じがしてきます。背中が凝ってしまっているのです。  ストレッチなどして、何とか背中のコリをとろうとしても、何の道具もなしに効果を上げるのは至難の業と感じています。  何か良いツールはないものかしら?そんな思いからネットを調べていたら…

続きを読むread more

外出自粛要請~自宅待機では、テレビをディスプレイ代わりにパソコンで作業が快適

 3月末に小池東京都知事の週末外出自粛要請、4月8日の安倍首相による緊急事態宣言などを経て、めっきり自宅にこもっての作業が続いています。  普段からノートPCを持ち歩き、いつでも、どこでも(多くの場合、街中のカフェでの作業)作業をしていますが、自宅での作業となると、ちょっといつもと勝手が違う気もして落ち着かない…

続きを読むread more

サーモス(THERMOS)の250mlの小さな水筒だけでなく、大きな水筒?もスープジャーとして人気のようだぞ!象印…

最近、小さな水筒が人気である、とのことでサーモス(THERMOS)の250mlの小さな水筒についての口コミを整理してみました。 過去の記事:サーモス(THERMOS)の250mlの小さな水筒がなぜ人気なのか考えてみる http://cafework.seesaa.net/article/473178632…

続きを読むread more

サーモス(THERMOS)の250mlの小さな水筒がなぜ人気なのか考えてみる

近頃、水筒が人気です。特に、200ml程度の小型の缶コーヒー1本程度のサイズのものが好まれているよう… なぜなのだろう?普段、水筒などは使う習慣のない身としては、巷に溢れる水筒愛やこだわりについてはなかなか理解が出来ないところ。 そのため人気商品と言われる「サーモス(THERMOS)」の水筒に関する口…

続きを読むread more

どこにある?ヤクルト発の蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)というお茶

体重が増えちゃった、糖尿病にならないか気になる、等々の健康に対する不安を持つ方々から、最近気になるお茶の名前をしばしば聞きます。 それがヤクルト社から発売されている「蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)」というお茶です。 既にコンビニやドラッグストア、スーパーなどには、様々なお茶が販売されている中で、なぜ今、「蕃…

続きを読むread more

なぜ日本人は回転寿司屋に並び時間を浪費するのか…並ぶよりもスマホサービスを使って時間を有意義に活用すべき

 最近、海外からの観光客が激増したこともあり、そこそこ人気の和食関連の飲食店では、想像以上に入店のための行列ができたりします。  例えば、回転寿司屋。近年は高めの料金設定で、相応に美味しい寿司が食べられる回転寿司屋があります。そうしたお店では、外国人も多いし、日本人も多い。入店街の行列となることは必至。  そ…

続きを読むread more

音声認識を用いた議事録作成がホットになっている・・・これも働き方改革に商機を見ているIT企業の取組

 最近、事務処理の効率化の取組として、また働き方改革の一環として、音声認識による議事録作成の自動化がホットなテーマになっているようです。  様々なIT企業等により、音声認識アプリ、テキスト化アプリがリリースされている状況です。  個人的にもかなり関心は高い。だって、議事録作成ってかなり大変だし、次から次へと作…

続きを読むread more

ルノアールで3秒で文字起こししてくれるLINEアプリを使ってみた

 先日、長崎県西海市のとある会社が、AI技術を活用したLINEアプリを公表して話題となっています。  とても興味深く、下記のプレスリリースを読み込みました。 === 長崎県西海市の地域商社が【AIアプリ】を開発。市内事業者の大きな負担となっていた文字起こしの業務を“3秒”で処理。 配信:株式会社西海ク…

続きを読むread more